映画鑑賞履歴

  • わたしは、ダニエル・ブレイク
    ケン・ローチ: デイヴ・ジョーンズ
    イギリスの名匠ケン・ローチ監督が、失業した中年男性の苦境をリアルに描写。カンヌ国際映画祭、パルムドール賞。失業手当行政の矛盾はどこの国でも共通と思わせる。 (★★★★★)
  • ファントム・スレッド(18)
    ポールTアンダーソン: ダニエル・デイ・ルイス
    本年度アカデミー賞衣装デザイン賞受賞!! ダニエル・デイ・ルイス引退作!! ラスト30分の展開に92%が驚愕!! 等々にぎにぎしい宣伝文句につられてあわてて見に行きましたが、それほどでもありません。しかし、前半は仕立て屋の採寸シーンだけで尋常ならざる緊迫感を感じさせる。なれど、私はラスト30分に驚愕しない8%でした。 (★★★★)
  • クー嶺街少年殺人事件
    エドワード・ヤン: チャン・チェン
    夭折した台湾ニューシネマの旗手エドワード・ヤン監督の衝撃作。東京国際映画祭で審査員特別賞を獲得するなど一部に熱狂的に支持され、BBCの「21世紀に残したい映画100本」にも選出されているが、私にはラストの展開がどうしても納得できなかった。 (★★★★)
  • さざ波(15)
    アンドリュー・ハイ: シャーロット・ランプリング
    71歳になっても、容色いささかも衰えずフェロモン放出の奇跡の女優シャーロット・ランプリング! 最近作のこの作品では、なんとなんと70歳を超える高齢者同士のねっとりしたベッドシーンを難なく演じ切る。おまけにあわや主演女優賞のオスカーまでも取る勢い。今後ともさらなるご活躍を切に祈ります。 (★★★)
  • レヴェナント蘇えりし者(15)
    アレハンドロ・イニャリトゥ: レオナルド・デカプリオ
    文句なしのアカデミー賞の監督賞、主演男優賞そしてなにより撮影賞。堂々たる大作・名作。どうしてもアカデミー賞をとれなかったデカプリオが満を持しての受賞。かつてギルバートグレイプで天才子役として頭角を現し将来を嘱望され続けてきたレオ様の満願成就の戴冠である。 (★★★★★)
  • 殿、利息でござる(16)
    中村義洋: 阿部サダヲ
    「武士の家計簿」以来絶好調の磯田道史先生原作で武士の生活のリアルを追及するオモシロ時代劇。今回も期待にたがわぬおもしろさ。かつては鼻についた阿部サダヲの演技も、顔だけの瑛太の印象も、今や二人とも見事な演技派に変身していて、びっくり!! とりわけ阿部サダヲはどこかの演技賞をとりそう。 (★★★★)
  • あん(15)
    川瀬直美: 樹木希林
    川瀬監督には珍しくとってもわかりやすい映画。この映画の良さは、展開よりもキャスティングの良さ。主演の樹木希林をはじめ永瀬正敏、そして樹木希林の実の孫の内田伽羅に至るまで見事にはまる。思い出すのはまだ20代の当時悠木千帆。TVでNHKの青年の主張の物まねをしたが、そのうまさはただ者でなかったことをなつかしく思い出す。 (★★★★)
  • 博士と彼女のセオリー(14)
    ジェームズ・マーシュ: エディ・レッドメイン
    エディ・レッドメインがホーキング博士を迫真の演技で演じ、アカデミー賞主演男優賞を獲得して、あっという間の名優昇格。障碍者の物まねではない演技とはどんなものかを見せつける。きれいごとではない事実を隠さず表現することによって、感動はいや増さる。 (★★★★)
  • イミテーション・ゲーム(14)
    モルテン・ティルドゥム: ヘネディクト・カンバーバッチ
    第二次世界大戦中、ドイツのエニグマ暗号を解読したアラン・チューリングを描いたノンフィクション。ぬかったことに私はこの事実を知りませんでした。驚くべき偉業を狂気と紙一重でひとりの天才がなしとげます。今や当代の人気者であるホームズ役者のカンバーバッチが畢生の名演技。脚本が見事で、余裕のアカデミー脚本賞。 (★★★★★)
  • バードマン(14)
    アレハンドロ・イニャリトゥ: マイケル・キートン
    アカデミー監督賞をはじめ4部門獲得。メキシコが生んだ鬼才イニャリトゥ監督は今年も「蘇りし者」でアカデミー賞2連覇と乗りに乗っている。見れば見るほど味の出る名作中の名作。「マッドマックス」とともに今年のアカデミー賞は全く新しい表現方法を開拓した2作品を適正に評価した。日本のアカデミー賞とは大変な違いだ。 (★★★★★)
  • セッション(14)
    デミアン・チャゼル: J.K.シモンズ
    昨年のアカデミー賞最優秀助演男優賞。音楽学校の教師によるドラム指導のスパルタ教育を描いていると思いきや、ラストに血も凍るような教師による裏切りが描かれる。私も以前、上司による同様の裏切りに遭遇し、同様に反撃してみたが、映画のような後味の結末には残念ながら至らなかったのを思い出す。 (★★★★)
  • 6歳のボクが、大人になるまで。(14)
    リチャード・リンクレーター: パトリシア・アークエット
    6歳の子供に焦点を当てて、18歳までの12年間を断続的に描き、成年への成長期をリアルに描く。青春時代の真ん中はそれこそ客観的に意識できないものだが、こんなことだったのかと再確認させられる。P.アークエットがアカデミー賞の最優秀助演女優賞をとっているが、肩の力を抜いた自然な演技。 (★★★★★)
  • 薄氷の殺人(14)
    ディアオ・イーナン: リャオ・ファン
    中国・香港合作映画。ベルリン国際映画祭金熊賞、最優秀男優賞。かつて北野武が「その男凶暴につき」でデビューして以来の新鮮な映像表現と鮮烈なリアリティー。中国映画としては張芸謀の「赤いコーリャン」以来の歴史的名作。フィルムは富士でもコダックでもない中国製らしい。それが何よりの脅威か。 (★★★★★)
  • 母と暮らせば(15)
    山田洋次: 吉永小百合
    山田洋次の反戦映画はいつも戦闘シーンが一切出てきません。今回もそうです。くすんだ色調で市井の庶民の生活を丁寧に描きます。井上ひさしの「父と暮らせば」の立派なオマージュ。冒頭の原爆投下シーン、医大の授業中に教室が明るくなりインク壺が溶け、遅れて轟音と暗黒。キノコ雲を出さずに原爆を語る歴史的名シーンだと思います。 (★★★★)
  • スターリングラード(93)
    ヨゼフ・フィルスマイアー: トーマス・クレッチマン
    有名な2001年のアメリカ映画とは同名ですがかなり違います。あれはロシア軍から見たスターリングラード攻防戦。これはドイツ映画でドイツ軍から見た攻防戦。米映画よりリアル。投入されたドイツ軍26万人。生還したもの6千人。我が国のペリリュー島も硫黄島もはるかに上回る地獄の戦闘だったわけです。 (★★★)

最近のトラックバック

« コードレス・ヘッドホンについて | トップページ | 団塊おじさんと「青年の樹」 »

2006.02.06

議論の作法

私たち団塊おじさん達はみんな、学生時代に多かれ少なかれ学園闘争の影響を受けている世代です。
最低でも1年以上に及ぶ全国学園闘争の影響につきましては、人それぞれに異なることは当然でありますが、私の場合は、何しろ大学にやっと入学できてホッとしてからわずか3ヵ月後にはもう無期限ストライキに突入してしまったわけですから、よりによって最も影響を受けやすいナイーブな精神形成期に遭遇してしまったわけです。
その結果、意識すると否とにかかわらず己の人格形成に数多くの影響を受けたと思われますが、間違いなくその中のひとつと思われるのが、「議論(またの名をディベート)」の作法についてのこだわりです。

「入学後すぐに無期限ストライキに突入してしまう」ということは、「入学後すぐに何もやることがなくなってしまう」ということを意味します。
もちろん、クラブ活動や麻雀に没頭するなど、うまい具合に熱中する対象を要領よく探し当てた友人もたくさんおりましたが、半数以上の級友は、まるでフリーズしてしまったかのごとく、茫然自失の状態になってしまったわけでありまして、その中の一人が当時弱冠18才の私だったというわけです。

しばらくして気を取り直したわがクラスは、何と大それたことに「自主講座」と称して、授業に代わる暇つぶしを企画し始めました。その講座の中の講師のひとりには、「読んだぞ!リスト」でご紹介した「磁力と重力の発見」の著者山本義隆氏も含まれております。

しかし、今振り返ってみて、当時私にとって最も楽しかったことを正直に申せば、惜しみなくふんだんに時間を費やして行われる「クラス討論」と呼ばれる議論でした。
テーマは無限です。
「そもそも学生がストライキをするとは、無意味ではないのか?(タコが自分の足を食っているようなもの・・・・)」というウブなものから、「投石は有効な戦術か?(場合によっては死ぬぞ!)」「毛沢東の矛盾論は?(薄くて読みやすい本だったんです)」等々・・・・
議論の時間も無限です。朝でもOK。(どうせこの時期は、皆さん、生活は恐ろしく不規則でした。)
こうした時間無制限のバトルロイヤル的状況の中で、ディベートを有利に展開させる原始的テクニックのようなものが、おぼろげにわかったような気がしました。

そのひとつです。
ディベートにおいては、主導権を握ることがとりわけ有利な立場を作り重要なんですが、主導権を握る最も容易なテクニックは、質問(とりわけ相手の用いる用語の定義についての質問)の連発が最も効果的となります。
「君の言っている民主主義という言葉は、どういう意味で使っているのか?」とか、「ならば聞くが、君が使う市場という言葉には、どういう種類の市場までを考えているのか?」とかいう質問を連発して相手に余裕を与えないのです。答える方の議論の相手方には、一応回答する義務らしきものが発生し、ディベートでは一瞬、受身の立場に立たざるを得ません。特に、回答に詰まってしまえば、議論の展開は圧倒的に相手有利の状態に追い込まれてしまうのです。
しかし、相手の使う用語については、最低限の質問は許されますが、度を越した質問はやってはならないことです。議論している二人が、お互いに相手の用語について延々と質問しあっている状況を想像すれば、滑稽ですよね。

第二のテクニックは、そもそもの議論の枠組み自体を問題にすることです。
これも例を挙げたほうがわかりやすいのですが、たとえば、「あなたの論点は非常に限定されたものでしかない。なぜあなたは歴史に学ぼうとしないのか?歴史ではより広い視野で考えないと誤った結論になることを教えている。」などとニヒルに言って、広範な視野からの議論を提起して、ディベートのターゲットを誘導しようとするテクニックです。
これは本来ディベートを主導するべき最も正攻法のテクニックでありまして、このテクニックの最も卓越した使い手は、「朝まで生テレビ」でおなじみの姜尚中東大教授ですね。おまけに姜尚中は、声が低くてよく通るということもあって、どんなに議論が大声で怒鳴りあって紛糾していても、彼が話し出すとピタリと静まってしまうのはご承知のとおりです。
しかし、これもやり過ぎは相手に失礼です。このテクニックを使って、やたらめったら議論の土俵を広げようとすると、議論の相手方に対してきわめて失礼なやり方でタブーとすべきでしょう。
このタイプの典型例が私の学生時代にひとりおりました。彼はわがクラスでは「ミスター矮小」とあだ名されておりました。
彼は、議論していると決まって議論の一番大事な局面で、「矮小!矮小!」とそれまでの議論で積み上げた土俵を一方的にぶっこわすような無謀な発言を大声で繰り返すのです。
風のうわさでは、今はどこかの大学で大学教授をしているそうですが、本当に不愉快な方でした。

いずれにしましても、今回のディベートのテクニックは、あくまでテクニック以上のものではありませんし、以下でもありません。使いすぎはタブーですし、何よりも議論の相手方に失礼です。
「12人の優しい日本人たち」の映評にも書かせてもらいましたが、「ディベートは、決して予定調和的に正しい結論に行き着くものではありません。戦略もあり、感情もあり、そして何よりもテクニックが必要な権謀術数の舞台なのです。」
みんなでルールを守ってディベートを楽しみましょう!!

« コードレス・ヘッドホンについて | トップページ | 団塊おじさんと「青年の樹」 »

青春の思い出」カテゴリの記事

コメント

なるほど、時と場所によってこんなにも議論の作法は違うものなのですね。勉強になりました。私が一番興味があるのは、某地方議会の議論の作法なんですが、今度は是非こちらもご紹介ください。

地方議会では、議論というよりも「説得or説明」と「納得or拒絶」だと思います。
というよりも私が「議論の作法」が必要だと痛感するのは、むしろ執行機関内部での議論です。すなわち、官房局と事業局の議論の中で、昔唾棄したMr矮小の亡霊を見るからであります。

地方議会での表舞台の議論の実態が「説得or説明」と「納得or拒絶」だというのは、分かりやすい図式だけど、法律で与えられた権能に照らして、それでいいのかという検証はされないのでしょうか。道州制で予定される議会が、今までと同じでは、住民から遠い分ますます議会の意味は薄れるでしょうね(すみません自分の研究分野なもので)。執行機関内部での議論て、例えばどんなものでしょう。次はそのテーマでお願いします。

やれ講座派だ、それ労農派だという論文ベースでの論争というのはよくわかるのですが、議論となると相手を言い負かすことが目的になってしまって、常に不毛という印象があります。子供の口喧嘩とどこが違うのか、仕事の上での議論にもそんな感じを持つことしばしばです。
極道出身の作家安部譲二がちんぴら時代にやっていた自己啓発法に、日がな一日テレビに向かってドラマの台詞やワイドショーのコメント、CMに手当たり次第に反論するというのがありました。ミスター矮小もそんな鍛錬をしていたのでしょうか。

unibhamさん、とつぱさん、真剣な議論を感謝です。
私のささやかなこれまでの経験では、職場での議論は、おおむね格闘技に近いものでありまして、客観的な真実にたどり着く場合というのは、相当稀有なことだと思います。なにより職場の議論には、論者の弁舌能力や声の大きさといった基本的能力以外にも、上司と部下とか、官房と現場とか、人間関係や怨念など、いろいろな複雑な要素が絡んでくるのが常です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議論の作法:

« コードレス・ヘッドホンについて | トップページ | 団塊おじさんと「青年の樹」 »

読んだぞ!リスト

  • 堀田 善衞: 時間 (岩波現代文庫)

    堀田 善衞: 時間 (岩波現代文庫)
    1936年から37年の南京事件を被害者の立場から描いた小説。「事実のけたはずれのすごみがかえって出来事をストーリー化のあたわぬものとして宙ずりにしてしまう」という逸見庸の解説が的確。ミクロの事実のディテールを克明に追うことによって、被害者の数ごときでは思い及ばぬ真実を読者に理解させる。 (★★★★★)

  • Henry Hazlitt(ヘンリー・ハズリット): 日経BPクラシックス 世界一シンプルな経済学

    Henry Hazlitt(ヘンリー・ハズリット): 日経BPクラシックス 世界一シンプルな経済学
    今売り出しのリベタリアンによる経済学の基本書です。いわば自由市場至上主義のおっそろしくわかりやすい入門書です。わかりやすすぎて読んでいると、眠くなります。昔、そういえばサミュエルソンの基本書を読むときも同様の眠さを感じました。睡眠導入書として一冊いかがでしょうか? (★★★)

  • 司馬 遼太郎: 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)

    司馬 遼太郎: 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
    古今最大の戦闘となった天下分け目の決戦の過程を描かせたら司馬遼太郎の右に出る人はおりません。広大な関ヶ原を舞台に、これ以上ないような複雑な人間関係を生き生きと描写して最後まで一気に読ませます。しかし、私は今さらながら知ったのですが、関ヶ原の戦いって、ギリギリの好勝負だったんですねぇ。 (★★★★★)

  • 鈴木 大拙: 禅 (ちくま文庫)

    鈴木 大拙: 禅 (ちくま文庫)
    難解な禅の神髄そして悟りについて、平易に説得力をもって解説してくれる禅入門の名著。要するに「色即是空、空即是色」の世界を噛んで含んで丁寧に教えてくれる。世界の見え方が変わるほど理解できた気になるのは、大拙師のおかげか、はたまた訳者の工藤澄子氏のおかげなるや? (★★★★★)

  • 岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)

    岸田 秀: ものぐさ精神分析 (中公文庫)
    「人間は本能の壊れた動物である」から始まってフロイトもユングもぶっ飛ばして、人間存在の幻想性を鍵に、独自の「岸田唯幻論」を展開する。作者自身が自信なさそうで、こちらも今一つ乗り切れない。 (★★★)

  • 辺見 庸: 1★9★3★7(イクミナ)

    辺見 庸: 1★9★3★7(イクミナ)
    いつも戦争を被害者の目から見がちな我々だが、加害者の目から徹底的にリアルに掘り下げる逸見先生。1937年の南京事件を糸口に、現代の安保法制に渾身の怒りをぶつけ咆哮する。しかし、作者が激怒する昭和50年の昭和天皇の記者会見発言、ぬかったことに私は知りませんでした。戦後から現代に至る我が国の総無責任気質の根源はここにあったんですね。 (★★★★)

  • エマニュエル・トッド: 「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

    エマニュエル・トッド: 「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)
    最近珍しい元気のいいフランス人エマニュエル・トッドが、没落するフランスをほとんどドイツのせいにして悪態をつく。ドイツにとって、東西ドイツ統合もEU統合も千載一遇の濡れ手で粟であることを声高く主張するトッドさん。割り引かなければならないが、説得力あるよ。 (★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 世に棲む日日 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 世に棲む日日 (文春文庫)
    どんな幕末オタクでも、苦手とするわかりにくい時期があります。蛤御門から薩長合同の時期の長州の実情です。久坂玄瑞をはじめ手当り次第で死んでいき、誰もがもはや長州は壊滅と確信した瞬間、鬼神とも雷神とも称される高杉晋作の奇跡的怒涛の進撃で情勢逆転。この様子がよくわかる司馬遼太郎の天才的作品です。 (★★★★★)

  • 百田 尚樹: 影法師 (講談社文庫)

    百田 尚樹: 影法師 (講談社文庫)
    本屋大賞作家百田尚樹の小説作法のよくわかる作品。あらかじめ伏線を思い切り撒いておいて、最後にかたっぱしから回収しまくる方式が、読み手としては快感。しかし「永遠の0」の時も思ったのですが、本作の彦四朗といい主人公の潔い高潔さと自己犠牲の姿勢はちょっと非現実と言ってはいけませんかねぇ。 (★★★)

  • 菊地 明: 新選組三番組長 斎藤一の生涯 (新人物文庫)

    菊地 明: 新選組三番組長 斎藤一の生涯 (新人物文庫)
    「寡黙で猟奇的な人切り」なのかはたまた「最後は警官と東京高師の事務官を勤め上げた謹厳実直の人」か?謎の新撰組隊士の全貌が見渡せる。読後、最大のサプライズは、斉藤の妻はなんと!山本八重に勝って会津藩の照姫の祐筆を射止めた高尾(貫地谷しほり)だったということです。 (★★★)

  • 佐野 眞一: 甘粕正彦 乱心の曠野

    佐野 眞一: 甘粕正彦 乱心の曠野
    著者独特の克明な調査を反映して大変な長編ルポルタージュになっており、部分的にディテールに入り込みすぎてわかりにくいところはあるものの、最終盤にかけてドラマチックでとってもおもしろい。甘粕憲兵大尉については吉田喜重の「エロス+虐殺」以来デモーニッシュなイメージが先行してしまいがちな我々の世代にとって、あっと驚く新事実続出で当時が決して異常な世相とは思えない気がしてくる。要するに今でも起こりうるという意味で・・・ (★★★★★)

  • 鹿島 圭介: 警察庁長官を撃った男

    鹿島 圭介: 警察庁長官を撃った男
    あの立花隆大先生が週刊誌で推薦している本。あまりに有名な'65年の国松孝次警察庁長官狙撃事件のノンフィクションルポ。立花先生が珍しく「真犯人はこの老人だ!」と興奮して断言する。著者はフリーのルポライターなれど、文章力弱く読みにくい。しかし、これが事実とすると当時の米村警視総監の責任は非常に重い。 (★★★★)

  • 北野 武: 超思考

    北野 武: 超思考
    私はこれまでのタケシ本をほとんど読んできましたし、読んで損はなかったケースがほとんどでした。今回も幻冬舎が満を持して出版したようですが、さすがに新鮮味が薄れてきました。タケシの少年期における母親の教育を何度か賛美しているが、これはたけちゃんらしくなくて、「タケシ!老いたり!」と思わせます。 (★★★)

  • 渡辺 淳一: 孤舟

    渡辺 淳一: 孤舟
    某一流広告会社をそこそこの役員で退職した高級サラリーマンの定年退職後を「失楽園」の渡辺淳一が意欲的に描いたはずだったのですが・・・この小説は全くひどいですねぇ。この主人公、とにかくウジウジした思いっきり情けないおっさんです。あの「失楽園」で過激に世間を挑発した同じ作者とは到底思えません。 (★)

  • 町田 康: 告白 (中公文庫)

    町田 康: 告白 (中公文庫)
    明治26年に実際に起きた大阪府南東部赤阪水分の11人斬殺事件を題材としたロックンローラーで作家の町田康の傑作。全編独特のロック調とも言うべき文体で、かつ河内音頭の熱と意気を感じさせる。事件後わずか1ヶ月で河内音頭として大ヒット。「男持つなら熊太郎弥五郎、十人殺して名を残す」と歌っている。 (★★★★)

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • メジャーリーグ
  • 吉永小百合
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 東京を歩く
  • 歴史
  • 病気
  • 経済・政治・国際
  • 美術館・博物館
  • 舞台
  • 芸能・アイドル
  • 落語
  • 趣味
  • 青春の思い出
  • 音楽
無料ブログはココログ